福祉医療 課題について

多くの課題を抱えています

少子高齢化に伴って現在日本では福祉医療の現場において様々な課題を抱えています。
特に福祉施設での人手不足などが深刻化し満足なケアを受けることができない場合が生じています。
また、働く側の負担も多く手厚いケアやサービスが出来ずにトラブルになることも多い傾向です。
特に介護福祉士は給料面でも課題が多く、きつい労働であるにもかかわらず低賃金であることが問題視されています。
このため離職者も多くなり手も少ない職業です。
しかしながら、急速に高齢化が進んでいるため、豊富な人材確保が求められる現場なのです。
それに加えて、介護医療に関する保険料の負担が年々値上がりしていく一方で満足なサービスを得ることができないという課題もあります。
国は財源の確保が必要なため、介護保険料を段階的に値上げしていますが、インフラが整うまではまだまだ時間を要するのです。
このため、本当にケアを受けたい人が受けられないなどの問題も多く発生しているのです。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 福祉医療 課題 All Rights Reserved.