福祉医療 課題について

福祉医療と課題について

日本の福祉医療の課題としてよく議論されているのが、今よりももっと患者にとって利用しやすい医療が実現できないかという問題です。
現在でも患者が利用しやすいように多くの制度が取り入れられているのですが、それでもさらに改善の余地は残されています。
患者がより利用しやすい医療の実現という課題の解決のために取り入れられているサービスの一つとしてバスによる送迎があります。
福祉医療の対象となっている患者の中には家の中から移動することが不自由な人もいます。
それらの人にとっては病院に移動をして診療を受けることだけでも難事業になります。
ですから病院に行きたくてもなかなか簡単には行くことができず、必要な診療も受けられていないことが一つの課題だったのですが、それを解決するためにいくつかの病院でバスによる送迎が行なわれるようになっているのです。
特定の停車場だけでなくて、患者の自宅の前まで直接来訪するようなサービスもあります。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 福祉医療 課題 All Rights Reserved.