福祉医療 課題について

日本における福祉医療の課題

日本では、少子高齢化社会がますます進むと言われています。
その中で、日本における福祉医療を国民自身がどう捉え、どう働きかけるかが課題となります。
福祉とは、世論では「慈善事業をする」という風に、捉えられがちです。
しかし、障害、介護、高齢者、児童、虐待、ホームレス、年金、地域医療、就労などなど、様々な分野が福祉に関連付けられます。
そして、誰かが言いましたが、「ふつうに、くらせる、しあわせ」この頭文字をとって福祉と呼ぶ、これがしっくりくる言い方なのだと思います。
では、社会主義の日本において、普通に暮らすとはどのようなことを言うのでしょうか。
最低生活の保証は、生活保護によって守られていますが、それが普通なのか、もう少し高い水準を普通と呼ぶのか、人によって異なります。
日本では、国民一人一人がこのようなことを、十分に考えて来なかったことが課題だと思います。
ますます高齢化が進み、年金制度も機能しなくなり、高齢者の働き口も少なくなったことを想定して、今のうちから取り組まなければいけないテーマだと考えます。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 福祉医療 課題 All Rights Reserved.