これからの福祉医療に関する課題

私は病院でソーシャルワーカーとして働いています。
医療・福祉それぞれの分野で仕事をする専門職として、今後の課題を述べていきます。
まず、この数年「地域包括ケア」というものが推奨されてきました。
地区ごとに核となる病院や福祉施設などの、コミュニティを作って高齢者・障害者が住み慣れた地域で過ごすことが目標です。
そこには、地域の人々のニーズに合ったサービスがあることが前提となります。
しかし、都会では地域の人々のニーズにあった多様なサービスがあります。
その十分なサービスは逆に、人々に混乱を与えることがあります。
サービスが多すぎて、何が自分に合うかわからないということです。
一方で、過疎地域などの都会でない地域では、人々のニーズにマッチするサービスそのものがない場合もあります。
このように、「地域包括ケア」と言っても、有機的にサービスと人々とを結びつけられていない現状があり、これが現在の福祉医療の課題だと考えます。
これからは、行政がリーダーシップをとって、情報を有機的に開示することや、情報を集約する企業に対して助成を与えるなどの取り組みが必要になると思います。

解体作業の契約内容

日々のお洗濯もプロにお任せ

日本における福祉医療の課題

日本では、少子高齢化社会がますます進むと言われています。
その中で、日本における福祉医療を国民

福祉医療改正の周知方法について

私は医療現場で働いています。
そこでは、福祉医療の課題について考えさせられる機会も多くあり、そ

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 福祉医療 課題 All Rights Reserved.